全身の黒ずみ対策を考える

体のいろんな場所に出来てしまう体の黒ずみ。

 

黒ずみが出来てしまう原因はそれぞれ。メラニンの生成により出来てしまうもの、ホルモンバランスによって出来てしまうもの
。。

 

特に鼻にできた黒ずみは人との会話でも気になってしまいますよね。そこでそれぞれの部位の黒ずみ対策はどのように行えばいいのか、調査しました。

 

体に黒ずみができやすい部位はどこ?

白くてスベスベな肌は、女性の憧れですよね。ですが、どんなに丁寧にケアしていても、肌が黒ずんでしまうことがよくあります。肘やヒザ、背中やおしり、胸の下やデリケートゾーンにできてしまう肌の黒ずみ。

 

自分では、なかなか目にする機会が少ない場所にできる黒ずみは、重症化してしまうことも多くあります。肌の黒ずみは、どこにできやすいのか?それは、肌が柔らかく弱い部分で、摩擦などの刺激が加わる部分にできやすいと言われています。おしりや胸の下などにできる肌の黒ずみは、下着の摩擦によってできることが原因の1つです。肌触りのいい、刺激の少ない素材の下着に変え、充分に保湿することで改善させることができます。

 

脇も肌が敏感で弱い部分です。ここの刺激は、ムダ毛の処理でおこることが多いです。脇の黒ずみが目立つときは、ムダ毛処理をお休みすることも大切になってきます。カミソリによる自己処理をしている場合は、シェービングクリームを使ったり、ムダ毛処理後に肌を冷やすなどケアしてあげるだけでも、だいず黒ずみが改善します。

 

デオドラント剤が刺激になることもあるので、汗をかきやすい夏場は特に注意するようにしましょう。黒ずみを早く治したいからと言って、ゴシゴシと洗うのは逆効果なので気をつけましょう。

 

黒ずみができやすい部位は肌が弱いところですので、力をこめて洗うと肌を傷つける可能性があります。強い刺激により、肌を黒く見せるメラニン色素が活性化することもありますので、丁寧に優しく洗うようにしましょう。

 

脇の黒ずみ対策

女性にとって、ムダ毛のないキレイな脇は憧れですよね。毎日一生懸命、脇のムダ毛処理をおこなっている人も多いかもしれません。

 

けれど、あまり頻繁に脇毛処理をおこなうと、今度は脇が黒ずんでしまう可能性があります。

 

せっかく脇のムダ毛ななくなっても、肌の色が黒ずんでしまってはキレイとは言いがたいですよね。脇の黒ずみの原因は、肌に負担をかけることだと言われています。

 

カミソリでムダ毛を剃ったり、毛抜きで1本1本抜いていくのは、肌に大きなダメージを与えることになります。その結果、肌を守ろうとしてメラニン色素が生成されます。

 

メラニン色素は日焼けとしてご存じの人もいるかもしれませんね。シミやくすみの原因にもなる、このメラニン色素が脇を黒く見せているのです。

 

脇は皮膚は、わたしたちの体の中でも特に薄い部分です。それと同時に、毎日の何気ない行動でも、衣服などでこすれたり、汗をかいたりして、大きな刺激を受けている部分でもあります。

 

ムダ毛処理をするときも、なるべく負担をかけないように優しくおこなうことが、脇の黒ずみ対策になってきます。また、脇は汗をかく場所なので制汗剤をつかう部分でもあります。

 

制汗剤の中にはクリームタイプのものやパウダーが入っているスプレータイプのものがあります。これらが脇の毛穴をふさぎ、皮脂とくっついてしまうことで、皮膚が黒ずんでしまう場合もあります。

 

制汗剤を使用したら、あとでしっかりと汚れを洗いおとすことが必要です。刺激が少ないタイプの制汗剤を選んだり、つける量にも気をつけることで、脇の黒ずみをふせぐことにもつながります。

 

膝の黒ずみ対策

膝まわりの肌の色が黒くくすんで悩んでいる人は、実は意外と多いんです。

 

顔の黒ずみや脇の黒ずみは、メイクや服で隠すことができますが、膝はなかなかごまかしがきかない部分です。膝は顔のスキンケアと比べると、ついいい加減になってしまいがちです。

 

そのため、肌が黒ずみやすい部分とも言えます。日ごろから注意してケアしていき、黒ずみになるのを防ぐようにしましょう。膝は、わたしたちの体の中で皮脂腺が少ない部分の1つです。

 

皮脂腺が少ないということは、汗や皮脂がほとんど分泌されないということです。そのため肌のうるおいが少なくなり、刺激に対しても敏感になりやすいところです。

 

にもかかわらず、膝は曲げたり、ついたりして酷使されることが多いです。スリムなジーンズを着用したり、足を組むなどして膝がこすれることが多くなると、色素が沈着して黒ずみとなってしまいます。

 

膝の黒ずみ対策は、膝を酷使していることを意識するだけでも、だいぶよくなっていきます。日々の生活で膝を床につかないように注意しましょう。膝の黒ずみを隠したいからといって、スリムなジーンズを履くのもひかえましょう。

 

自宅にいるときは膝がこすれないような服を着るのも、1つの方法です。膝の黒ずみを解消するには、皮膚を柔らかくする必要があります。

 

入浴したとき、膝を優しくマッサージし、スクラブで古い皮膚を取り除くようにしてみましょう。お風呂からあがったら、化粧水やクリームで、じゅうぶんにケアしてあげることも大切です。

 

1デリケートゾーンの黒ずみ対策

「アソコが黒いのは遊んでいるから!?」 そんな根拠のない都市伝説で傷ついている女性は多くいます。 悩みとしては深刻なのに、なかなか人には相談できないデリケートゾーンの黒ずみ。 正しいケア方法をご紹介いたします。

 

■なぜデリケートゾーンは黒ずむの? デリケートゾーンの黒ずみの原因は「メラニン」です。 メラニンと言えば、シミやくすみの原因として聞いたことがある方も多いと思います。 ですので、基本的には顔のシミやくすみと同じ原因でできるのです。 まず1番の原因として考えられるのは、下着や衣類による摩擦刺激によって、軽い炎症が生じ、メラニンが活発につくられてしまっていることです。デリケートゾーンは顔の皮膚よりもずっと薄いので、ちょっとした刺激でも炎症が起きやすい部位なのです。

 

また、もともと肌の色が黒い人、色白の人がいるように、遺伝によるメラニン量の違いによる差もあるので、「遊んでいるから」なんていうのは、まったくのデタラメです。

 

■ケア方法 自宅でできるケアとしては、まず、下着を見直してみましょう。 サイズが小さく、締め付けが強い下着は摩擦が起きやすいので、黒ずみの原因を作ってしまいます。素材は綿やシルクなど肌への刺激が少ないものを選ぶようにしましょう。 また、ボクサータイプの下着はiラインへの擦れが少ないのでおすすめです。 また、顔のシミと原因は同じなので、美白剤も効果的です。 代表的な美白に有効な成分としては、ビタミンCやコウジ酸、ハイドロキノンなどがあります。中でもハイドロキノンは美白の王様と呼ばれるほど、その効果は高いです。

 

ただし、デリケートゾーンは刺激を起こしやすい部位でもあるので、美白剤を塗ってみて、少しでも違和感があれば使用をやめて皮膚科医に相談しましょう。 人には言えない悩みだからこそ、日常でできるケアをぜひ今日から始めてみてください。

更新履歴